運は天にあり

内省の記録

人との付き合い方

他人の生々しい自意識に直面したとき、どのように振る舞えば良いのだろう。

 

最近、他人と話す機会が増えた。飲み会で話したりとか、仕事の合間に世間話をしたりとか、そういう時間が多くなった。前は仕事のこと以外全く話さなかったけれど、今はもっと違うことも喋っている。そうすると、何気ない会話を通して普段とは違う相手の一面を知ることも増えてくる。

 

嫌な面もある。というか、打ち解けて油断がなくなった頃に出てくるのは、たいてい嫌な面だ。でも、なるべくそういうのはスルーする。もとより完璧は求めてないので、良い面悪い面含めて消化して、その人を知ることにつとめる。

 

しかし、スルーしづらく、どう反応すれば良いか戸惑うことも多い。失礼だが、この人何言ってんだろと、一瞬引くこともある。そこで常識の差を認める。どう受け止めれば良いのか、どういう距離感が良いのかを、そろそろ考えはじめる。

 

七つの大罪」のうち、一番良く目にするのは「高慢」だと思う。貪食、貪欲、怠惰、色欲あたりはあまり気にならない。というか、大罪とは言い過ぎな気がする。好きなものを好きなだけ食おうが、そんなの本人の勝手だろって感じ。そのほか、嫉妬は内でメラメラと燃えるものだし、怒りはあまりに目立ち過ぎる。高慢は、嫌らしく表に滲み出てくる。

 

自分自身の自意識を恥じる方ではあったけど、よくよく周りを見ていると、誰もが多かれ少なかれイタさがあるのに気がつく。確かに、器用か不器用かの違いはある。けれど、接する時間が多くなると、高慢は自ずと明らかになってくる。やはり、気づく人は気づくもの。本音はいつかバレるもの。罪というのは、そうそう隠しおおせるものじゃない。

 

他人の高慢な自意識に触れてしまったとき、どうすれば良いか。沈黙も返事の仕方のひとつだけれど、事なかれ過ぎるので出来ればしたくない。別に否定する気もないし、笑う気もない。むしろ、自分が相手を認めてないような空気を発しているから、そういうモノが出てしまうのかと考えたりする。だから、見て見ぬ振りをするのではなく、なんとか良い向き合い方が出来ないかと思う。

 

いつもは、心にもないことを平気で言う。たとえば、会話の流れの中で、誰かの手柄や良い部分が取り沙汰された時には、すぐにその人を持ち上げる。内容がどうかとか、実際に良いと思っているかとかは関係ない。何も考えずに「すごい」とか「さすが」とか言う。

 

それは、別に相手をおだてようと思っている訳ではなく、何も考えないことが良いと思っているのでそうしている。その人が活きる流れがあるなら、そこに自然に乗って行く。会話のテンポを大事にして、すぐに言葉を繋いでいく。認めるところは素直に認めれば良い。見たいのはその先だ。感心する気持ちが少しでもあれば、それで十分だと思っている。

 

言うはやすしだが、行うのはなかなか難しい。思い通りには、言葉がスラリと出てこないことがある。相手に対するわだかまりがあると、否定の言葉しか出てこなくなるし、相手を侮っていると、何かしらカンに触る余計な一言が出てくる。咄嗟に出てくる言葉ほど、そういうのが如実だ。反対に、媚びや下心があると、お世辞が過剰になる。これも白ける。結局、余計な心など無い方が良いのだと思う。

 

しかし、流れを逸脱した自慢話となると話は変わってくる。自然な流れの中ならともかく、不自然ならば言葉も吃る。心にもないことは、さすがに言えない。人づてに聞けば感心することでも、自分の口から言われると台無しだ。

 

そういうことを言わずには居られない理由があるのか、高慢に酔ってバカになっているだけなのか。自慢話をされた時、内容にはもう興味をなくすが、その理由は知りたいと思う。ただ、それをストレートに言うわけにもいかないので、微妙な間を作ってしまう。そして、しらじらしく的外れな質問をしたりして、その場をウヤムヤにしてしまう。ちょっとこれでは駄目だな、と思う。

 

思い切って、真剣に問いかけてみようかな。自慢話なんかする人は、適当な社交辞令を浴びすぎて、感覚が狂っているのかも知れない。自分の問題意識と、その人の自慢話との間に繋がるものがあれば、真っ向から話をしてもいいかも知れない。それで、お互いに何か気づいたり、考えるきっかけになれば良いと思う。何もなければ離れるだけ。そんな感じの習慣を身につけていきたいな。