運は天にあり

内省の記録

生きる意味

バイトを始めてから数ヶ月。仕事もなれ、職場にもなれ、焦りや不安を感じることも少なくなった。居心地もよく、飲み会なんかもふつうにいってる。はじめて、居場所というものができた感じがする。

 

複雑な心境だ。環境は良くなったのだけれど、素直に受け止めることが出来ない。こんな風に自分の居場所があるということが、あまりにも恵まれ過ぎているように思えてしまう。

 

ここまで来るのに長い時間がかかったが、達成感はなかった。持つものと持たざるものとの差を改めて実感して、愕然とするばかりだ。これほどの条件の違いの中を、生きてゆかねばならなかったのか。努めて口にせず、言い訳にしたくなかったけれど、心中密かに感じていた不公平感はやっぱり正しかった。

 

数ヶ月前に金が尽きた。この時のショックの瞬間最大風速は、たしかに大きかった。だが、案外すぐに向きあえるようになったし、実際どうにかなった。申し訳ないが、自分にとって貧乏はさほど深刻なことには感じられなかった。

 

感受性の違い? はいはい、正論正論正論。正論いう人ほど、今目の前にいる人の感受性を否定して、その人のリアルを矮小化しにかかって来るよね。

 

周りからの評判は悪くない。けれど、自己評価は伴わない。なんか、今の状況が嘘くさい。不器用に空回りして、嫌われまくっていた頃の方が輝いていた気がするのは、間違いだろうか?

 

死を抱くよりも 恐るものは

揺蕩う時間に流されて

魂が 老いてゆくこと

ーーALIPROJECT「地獄の季節」

 

どんなに環境が良くなろうと、それでめでたしめでたしで終わることはない。過去は消えることはない。悲しみや苦しみを知っていながら、それに背を向けてノウノウと生きていくことは出来ない。

 

人には人のリアルがあるよ。どんな悩みも苦しみも否定しないし、矮小化するつもりもない。だが、共感出来ないことは出来ないし、どうしたって交わることのない生もある。そこには何も言うことはない。そういう距離感でやっていく。

 

だから、自分だけにしか出来ないことをやろう。自分の罪も自分で背負おう。見栄もはらない。知ったかぶりもしない。嘘つきの言葉には騙されない。