運は天にあり

内省の記録

会社辞めた

退職。一年ほど勤めた今の会社を辞めた。もともと自分のやりたいことではなかったので、やることやって義理を済ませて、さっさと縁を切ってきた。これ以上、ここの人たちと関わってられない。

 

辞めると言い出したとき、上司が色々と言い訳をしてきた。同じチームに4月に新卒で入った後輩がいたのだが、この後輩を散々いびり、挙句に左遷させたことの言い訳をし始めたのだ。聞いてもいないのに喋り始めたのは、やはり、うしろめたいと思いつつやっていたということだろう。

 

こういう事情があったらしい。この後輩、会社に入るにあたって、結構な待遇を要求していたとか。なんでも、ほかの会社の内定ももらっていて、それなりの待遇を約束されていたので、もっといい額をくれるならこの会社に来ると、条件を出していたという。新卒だと言うのに、実に強気である。

 

無茶なことをするなと思った。無茶は無茶でも、なんか不思議だ。こういうことをやらせてくれ!という無茶なら、わかる。若さゆえの蛮勇だ。これだけの待遇をよこせ!というのは、全くわからない。自信があるのなら、待遇なんて後からいくらでもついてくるだろう。初めから高待遇ありきというのが、特権意識全開で嫌な感じだ。

 

しかし、後輩はあまり仕事が出来なかった。しばらく様子を見ていても、芽が出そうになかった。それで、給料分は働けという意味で厳しくしていたという。ただし、それは建前の話。本当は、高い給料がもったいないので「居心地を悪くして」辞めさせようとしていたらしい。左遷先は、追い出し部屋だ。

 

この後輩のことは、私も大嫌いだった。一見、目端が効くように見えて、実はあんまりモノを考えていない。慇懃なようでいて、人を舐めている。不器用で粗相をしてしまうという感じじゃなく、スマートな風で、性根で人を見下しているタイプだ。事情を聞いて、高慢なこの男ならやりかねないなと思った。

 

とは言え、採用の判断をしたのは上司だ。「彼は自分を大きく見せるのがうまかった」と、まるで自分が被害者かのような言い訳していたが、この後輩は面接で採用をした訳ではない。もともとバイトとして働いていたのである。ある程度一緒に働く期間があって、その上で採用を決めたのだから、仕事が出来ないのは採用者の判断ミス以外のなにものでもない。

 

採用に失敗したうえ、指導して育てるということも出来なかった。会社の業績が悪かったので、後輩への高い給料はなかなか負担だったらしい。で、急に待遇を下げるわけにもいかないから、パワハラで辞めさせる、という発想である。

 

これが、言い訳として成立すると思うかね……。無能な上に卑劣という、最悪の印象。日頃の言動で人間性は分かっていたから、別に驚きもしなかったけれど。これを話せば弁解になると思うあたり、この人の人間関係は、共犯関係だけで造られているのだろうなと思う。

 

精神論とかキレイごとが大好きな人だったな。社会貢献とか言い出したこともあったが、いざとなればこの通り。自分の失敗を隠すため、責任を立場の弱い方に押し付ける。雇用を確保するのも、社会貢献のひとつなのだけれどね。身の回りで出来ることはやらず、バレなけれはどんな悪事でもやるというのが、いかにもスノッブらしい。

 

登場人物が、ろくでもない奴ばかりだった。今まで歩んできた自分の人生と、交わるものが一つもない。いざという時に手段を選ばないのなら、こっちにも守る義理はないよ。ここを辞めても失うものはないし、今さら守るべき世間体もないし。フットワークが軽いのが、アウトサイダーの強みなのだ。