運は天にあり

内省の記録

宿曜との出会い

数ヶ月前、近所に占い屋が出来た。通るたびに気になっていて、いつか行ってみたいと思っていた。なかなかきっかけが無かったのだけれど、最近、占って欲しいことが出来たものだから、思いきって店に入ってみた。

 

占いをしてもらうのは初めてなので、事前に店のホームページを見てみる。所属する占い師のリストを眺めていると、占い師の名前というのは面白いなと思う。みんなバタ臭くて、宝塚の芸名のようである。スケジュールを見ると、「出勤」ではなく「出演」と書かれている。こういうものなんだ、と新鮮に思うことしきり。ここだけ、世界が違うみたいだ。

 

私はもともと、占いや運勢というものに全く興味は無かった。人間の力しか見えていなかったからだ。それが変わるきっかけになったのが、博打。競馬をやるようになって、運というものを強く意識させられるようになった。

 

競馬は人間の作ったものだから、人間の力で、パターンを読むことも出来る。しかし、パターンがわかるということは、同時にパターンが万能でないことを知ることでもある。人間社会のもっと複雑なことなら、成功も失敗も何かしら理屈をつけることが出来るだろう。競馬ほど単純で限られた仕組みの中だと、どうやっても説明のつかない結果も多い。クビ差ハナ差の勝ち負けなんて、理屈を超えている。おのずと、人智を超えた運の存在に辿り着く。

 

占いのことは全く分からないので、誰を指名するでもなく、行き当たりばったりで店に入っていった。一口に占いと言っても、タロットカードとか手相占いとか、色々な分野があるらしい。その中で、私が見てもらったのは、宿曜占星術を専門とする占い師。四十半ばぐらいのおばさんだった。アンケートに必要事項を記入したあと、向かいあって問答が始まる。

 

カードをめくって、出てきた内容にコメントをもらったりするのは楽しかった。はじめは勿論、占って欲しいことについて話をするのだけれど、占いだけでなく心理も良く診る人だったので、占い以外のこともかなり話した。例えば、私が昔服用していた薬のことなどを話しても、良く通じる。結局、30分料金なのに、1時間半も話してくれた。

 

深く印象に残った言葉があった。人間関係について、人の悪い面、短所ばかりを見てしまい、長所が見られないという話をした。すると、強いて長所など見る必要はないと言われた。長所と短所は裏表だから、短所が分かれば長所も分かったも同然なのだと言われた。

 

人の悪い面ばかり見てしまうことに、ずっと罪悪感があった。良い面を見ようと必死に考えるのだけれど、考えようとすればするほど、頭の中が真っ暗になり、見えない壁に妨げられ、それ以上先へ進めなくなってしまっていた。だから、この言葉はとても新鮮で、救いになった。どうして周りの人に関心を向けられないのだろう・・・と思い悩んだこともあったけれど、そうではなかった。短所ならスラスラ言える。言葉を変えれば、全て長所になる。それだけ、周りの人の個性を見ていたのだなと思う。

 

占いの世界を垣間見て、ちょっと視界が開けたような感じがした。新しい見方がひとつ増えたというよりかは、下流工程から上流工程へ視点が移ったときのような感じ。もっと広い視点に立って、人間を見ることが出来るようになった気がする。

 

宿曜占星術では、私の生まれは「柳宿」にあたるらしい。毒を持つ悪害宿のひとつで、独自の信念をもつ一匹狼の運命を持っている。柳のようにしなやかだけれど、その気性は激しく、善にも悪にもなれる資質を備えているのだという。