運は天にあり

内省の記録

激動の一日

日曜日、宝塚記念キタサンブラック惨敗。

 

大阪杯天皇賞と、春のGIを圧倒的な強さで連覇し、秋にはフランス凱旋門賞への挑戦も決まっていた。一体この馬はどこまで強いのだろう?と、誰もがこの馬に夢を見ていた。

 

ーー行ける所まで行ってみよう。

 

関係者たちがそう言って、史上最強馬への領域に踏み込んだ時、馬は動かなくなってしまった。

 

とにかく鍛えたかったと、異常な量のハードトレーニングを繰り返した調教師の言葉が、思い返せば不吉だった。いくら丈夫な馬でも限界は来る。超ハイスピードの天皇賞の死闘は、深刻なダメージを馬に与えていたことだろう。そんな中でも、レース前の調教まではちゃんと走っていたのだから、キタサンは相当内に秘めるタイプなのだと思う。

 

強くなればなるほど後には引けなくなるって、何のために生きてるのか分からなくなるな。人間にはまだ迷う余地があるけれど、競争馬には走ることしか許されないし。あれだけ強かった馬が、こんなに様にならない負け方をしてしまうということが、なんだか無性に哀しかったな……。

 

去年の宝塚も、マリアライト一世一代の大勝利ドゥラメンテ悲劇のラストランと、ドラマチックなことが重なったのを憶えている。多くの人の思いが集まるグランプリは、毎年必ず何かが起こる。

 

キタサン敗北で馬券も大負けしたあと、夕方から舞浜へ向かった。年に数度かのALI PROJECTのライブに行くためだ。

 

会場はディズニーリゾートの中にあった。初めて来るところなので、リゾートの中がこんなに広いのかと驚かされた。舞浜=マイアミビーチの由来にも大変驚き、道理で世界が違うと思った。ただ、ALI PROJECTのライブの場合、「この人についていけば辿り着ける」とわかる服装の人が必ずいるので、いつも迷わず助けられている。

 

ライブは、前半がゴシックロリータ編、後半がホラー編という二段構えの構成。豪華な舞台を前に、席が正面のかなり前の方だったので、もう呑み込まれるようだった。

 

中でも、「地獄の季節」を生で聴けたのが良かった。本当に良かった。ライブの途中から段々潤んで来るのだけれど、どこかでブレーキがかかってしまっていて、それが「地獄の季節」を聴いた瞬間に感極まった。アリカさんの声もまた絶好調の絶唱で……。個人的に、過去何回かで一番良かった。

 

こういう機会が、あとどれだけ残されているんだろうな。貴重な機会、来られて良かった。最近、悔いを残さないということを、生活の中で強く思っている。


色々あって、久々に気持ちの変化の大きい一日だった。

 

広告を非表示にする