運は天にあり

内省の記録

悪童日記』という物語を読んでから、登場人物たちの真似をして自分も感覚を殺そうと思い立ち、最近、手のひらを火で炙ったりしている。

 

物語を読んだのは半年ぐらい前のこと。戦争の最中に育つ幼い双子が、虐待に耐えるため、互いを殴ったりナイフを突き刺したりして、痛みを感じなくする訓練をするという話があり、大いに感じ入るところがあった。それで、その時は冬の寒い時期だったから、寒いという感覚を殺そうと、冷水を頭から被る習慣をつけ始めた。最初はかなり恐怖があったのだけれど、慣れると平気になり、冷水を浴びないと逆に落ち着かないぐらいになった。しかし、この頃はすっかり気温も暖かくなり、もはやただの水浴びになってしまったので、他のことをやろうと思った。それで、思いついたのが炎だ。

 

スーパーで線香を買って来た。「青雲」の徳用型だ。香炉も灰もないので、コップに重曹を敷き詰め、線香を立てる。火をつけて、すぐには燻らせず、そのまま炎を燃え上がらせておく。その炎の真上から、10センチぐらい間をとり、覆いかぶせるように手のひらを翳す。炎の位置はだんだん下がってくるので、それよりちょっと速いぐらいのペースで手のひらを下げ、皮膚と炎をジワジワと近づけてゆく。危ない、と思った所でちょうど炎が消えるような頃合いを測っているのだけれど、炎がしぶとく消えないこともあり、そういう時は手が近づきすぎて、熱さで絶叫しそうになる。手のひらには、微かに香の匂いが染み込む。

 

炎で色々遊んでいるうち、こんなことが出来るのか!とビックリしたのが、指で炎を消すこと。線香につけた炎を、指でつまむと消えるのだ。なぜだか分からないけれど、熱くない。芯を摘むと指が焼けるので、芯には触れないようそっと摘むようにすると、何事もない。炎に触れる恐怖を克服さえすれば、訓練も何も必要なく、火は素手で消せるのである。不思議だなあと思った。