運は天にあり

内省の記録

オルフェーヴルの子供たち

2017年6月より、新種牡馬オルフェーヴルの産駒がデビューする。私はこの馬が大好きだったのだけれど、好きな馬の子供がデビューするというのは初めてのことなので、とても新鮮で不思議な気持ちがする。

 

ステイゴールド・母オリエンタルアートの間に産まれ、両親の名にちなんで付けられた名前が、フランス語で「金細工師」を意味するオルフェーヴル。日本の競馬史上7頭しかいない、クラシックレース三冠を達成した歴史的名馬であり、フランスの凱旋門賞でも活躍するなど、世界でもトップクラスの実力をもっていた。名を体現するような輝く栗毛の馬体は非常に美しく、レースでもひと際目立っていて、キャッチコピーには「黄金色の芸術」と称えられるほどだった。

 

オルフェーヴルの魅力は、強さだけでなくキャラクターにもあった。天才的な競走能力とは裏腹に、人一倍臆病で繊細で、精神的に不安定で危うい面を抱えているという、物語の主人公にでもなりそうな馬なのである。幼い頃には牧場で他の馬たちにいじめられ、逃げ回っている内に脚が速くなったという、まるで『フォレスト・ガンプ』のようなエピソードがある。実力がずば抜けているのは間違いないのだけれど、同じ三冠馬シンボリルドルフディープインパクトのような完全無欠な感じはなく、デビュー当時はなかなか勝てなかったし、三冠達成後にも謎の惨敗をすることもあった。さらには、レース中にコース外のあらぬ方向へ走っていくという、普通の馬ですら滅多にしない「逸走」の椿事を巻き起こしたりもしている。強いには強いのだが、精神的な脆さゆえに、負ける時も極端な負け方をするのである。

 

きわめつけは、牝馬に弱いというところ。逸走や原因不明の惨敗を除くと、本気のオルフェを倒したことのある馬は世界で3頭しかない。凱旋門賞で対戦したフランスのソレミアとトレヴ、そして日本のジェンティルドンナの3頭だが、みな牝馬である。男馬相手には圧倒的なスピードでちぎってしまうのだけれど、どういうわけか、強い女馬を相手にすると競り負けてしまうのである。牡馬と牝馬とではどうしても体格差があるので、牝馬が牡馬を苦手とするケースはよくある。だが、オルフェのように逆に牡馬が牝馬に弱いというのは、珍しい。なんだか分からないけど、苦手だったんだろうな。

 

能力の優れた馬が単純に能力順に勝つ訳ではないのは、レースを見ていると常に感じること。天地人の条件や勝負運もあるし、何より馬は生き物だから、数字や論理に現れないことがたくさんある。オルフェの強さ、弱さを見てると、特にそれを思わされる。ある人のことを、妙な欠点があったり、意外な弱点があったりすると、それを「人間らしい」といって親しみを込めて表現することがあるが、同じことをオルフェーヴルにも言いたいと思う。この馬には、人間らしさがある。いや、むしろ、人間かどうかは関係なく、こういう個性に親しみを感じるのは、もっと広く「生き物らしさ」だからなのかも知れない。それは結局のところ、生き物同士、互いに弱点を補って生きていかなければならないという、本能に基づいているような気がする。

 

強い馬の中には、馬社会でも「厩舎のボス」みたいに幅を効かせるものがあると聞くが、オルフェにはそういう話がなく、むしろ大人しい方だったらしい。ただ、興奮すると抑えが効かず、大暴れしてしまう。本当に、競走能力だけに特化した、天才的なサラブレッドという感じだ。しかし、それゆえに、自身の気性に振り回されっぱなしで、速さの代償に多くのものを失っている感じがあって、見ていて堪らなくなる。サラブレッドに産まれたからには、競走能力に優れていることは本望にも見えるけれど、それは人間の都合だから、馬自身にとってどうなのかは分からない。美味いエサにありつけられるとか、そういう有難味はあるのかも知れないけれど。

 

オルフェーヴルの血を継承した子供たちは、どんな活躍をするのだろう。現役時代にいくら実績があっても、種牡馬として成功するかは分からないので、子供が走るのか走らないのか、そこの所は本当に未知数だ。オルフェーヴルの狂気の遺伝子は、今後の日本のサラブレッドの血脈となっていくのか、あるいは淘汰され、一代の徒花となってしまうのだろうか。結果はどうであれ、「父オルフェーヴル」の文字を見たら、その馬は応援してしまうだろうな。