読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明けましておめでとうございます

2017年になりました。今年もよろしくお願いします。

 

日頃思っていることを書くことで発散したり、読書感想文を共有したくて昨年からブログをはじめました。「書く」ということに対する自分自身への課題という意味も大きかったものですから、公開すると言っても、何かの拍子にここを訪れた人が多少なりとも共感したり暇つぶしにしてくれればそれで良い、くらいの気持ちで当初はいました。が、やはり何だかんだと言ってもアクセスがあるのは嬉しいものでした。拙いブログではありますが、今まで見てくださった方々、本当にありがとうございました。

 

近況ですが、『悪童日記』の双子の真似をして、感覚を殺す訓練をしています。冬なので、まずは寒さに強くなろうと思い、朝と夜に冷水を浴びています。毎回毎回、かなりの勇気を振り絞る必要があるのですが、一度浴びてしまえば後は意外と平気なもので、むしろ浴びる前よりも身体が温かくなっているぐらいです。健康にはとても良いらしいです。それから、部屋の中にいる時は、寝る時以外は部屋中の窓を全開にし、サーキュレーターを回して室内を外と同じ温度にして過ごしています。格好は半袖です。これも、最初は辛いのですが、寒さに負けないよう掃除したり筋トレしたりと、何かと身体を動かすようになるので、部屋を暖かくしている時よりもダラダラしなくなって良いです。

 

案外、寒さには早く慣れてしまいました。小学生の頃は、冬でも半袖短パンでいたような人間なので、実はこういうのは得意なのです。あらかじめ、虐げられたり痛めつけられたりすることを想定して、身体が作られているのだなと思います。体力や打たれ強さはあればある程良いので、さらに人工的に強化していこうと思っています。

 

正月には帰省していました。10年以上顔も合わせていなかった兄と顔を合わせ、少し話をしました。顔を合わせていなかったと言っても、クラウスとリュカのように生き別れた訳ではなく、仲が悪かったというだけなのですが……。今までずっと、鉢合わせにならないようにならないように神経を尖らせていたので、顔を見た途端しまった!と思ったのですが、実は偶然鉢合わせた訳ではなく、兄の方から歩み寄り、話をしに来てくれたのでした。それで、ものすごい照れを感じながらも話をすることが出来ました。

 

実は、年末には弟と久々に会うこともありました。弟の方とも仲が悪かったので、久しく会っていなかったのですが、こちらも弟の方から歩み寄って来てくれたような形でした。以前少し書きましたが、弟は就職先が危うくて、大丈夫かな……と心配していたのですが、今は無事に働いていて、家を出て一人暮らしをしているとのことでした。良かった。

 

皆大人になっているのだなと思いました。社会不適合者の問題児のまま、生き辛さを感じているのは自分だけだな。勿論、みんなそれぞれ苦労があって、頑張っているだろうけれども、ちゃんと成長して余裕が出来てきているのが分かって良かったです。苦手だったとは言え家族のこと、うまく行っていないよりもうまく行っている方が安心するものです。自分一身に関しては、忍耐力を鍛えてGの如くしぶとく生きていこうと思っているので、金づるになっても何でも良いし、それよりかは身近な人の不幸の方が、自分ではどうしようもない分、嫌だったのです。

 

年明け早々、和解があって、長年気にかかっていたことが解決して良かったです。初詣にはまだ言っていませんが、おみくじはきっと良い運勢が出てくるだろうな。