読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋祭り

ツイッターで、秋のキ○○マ潰祭りという活動をやっていると聞いて読んでみた。女性と男性の立場を入れ替えて、いかに女性が理不尽な目に遭っているか啓発する活動だった。読んでいて、罪の意識を感じさせられたりしたし、同時に自分の体験の中の理不尽な記憶も蘇って来て、辛くなった。ここで戦っている人には、沢山の辛い過去があるのだろう。過去と向き合い続けなければならないのは苦しいことで、みんな険しい修羅道を歩んでいるなと思う。それでも、誰かが手を染めなければ人類が進歩しないことだから、ここに突き進んでいく人たちは偉いと思う。

 

それにしても、普段見慣れないツイッターを見ると、男女間のヘイトのような発言が多くて驚いた。自分の場合、他人というものの壁が大きすぎたもので、戦いと言えば常に自分vs社会の戦いだったし、持つ者と持たざる者とのどうにもならない差に気が付いてからは、自分vs血統の戦いが全てになった。男女の戦いなんて意識したことも無いし、むしろ今までの喧嘩の相手は全て男だったから、わざわざ女を叩いて男を持ち上げようとも思わない。売り言葉に買い言葉というのもあるかもしれないが、怒りの他の原因を女にぶつけている人も多いのではないかと思う。同性の中で快適に過ごせる人ほど、同性贔屓で異性に当たるようになってしまうのかな。