読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近体験したこと

日記

休みを利用して、色々な所へ出かけています。 休暇中でないと行けない所ばかりでもないのですが、平日だと人が少なく都合が良いので、思いつきでフラフラと出歩いておりました。

 

国立国会図書館を利用する

永田町の国立国会図書館へ行ってきました。初めて来るので、まずは利用登録を済ませてから館内へ。平日にもかかわらず、流石にここは利用者が多かったですが、皆が黙々と資料に向き合っている雰囲気が良かったですね。本が何でもおいてある所なので、方々探して見つからず諦めていた昔のゲームの攻略本なども見つかって、弥が上にも気分は昂揚します。町の図書館にはまず無さそうなものを読んで帰ろうと思い、ミホノブルボンを育てた戸山調教師の本と、豊田商事事件について書かれた本を借りて読みました。時間はあっという間に過ぎ、読みたい本のリストを作ってまた来ようと思いつつ、名残惜しく永田町を後にしました。

 

参議院を見学

国会図書館に行くまでの道すがら、国会議事堂の側を通りましたが、どうやら中を見学出来るらしいと知ったので、行ってみました。たまたま近かったのが参議院だったので、参議院の方の見学を申し込みました。議事堂の正面から向かって右が参議院、左が衆議院とのこと。右を保守・左を革新と読み替えて覚えました。衆議院の方も見学できるようですが、組織が別々なせいか、あちらはあちらで別に申し込まなければいけないようです。見学は1時間おきにコースが組まれており、私が入ったのは午後4時からの回で、参加者は30人ぐらいいたようです。案内の人に従って、参議院の議場や皇族の休憩所などを見学。「椅子は何の材質で出来ているのか」「吹き抜けの天井の電球が切れた時どうするのか」等々、見学者から厄介な質問が飛んでいましたが、若い案内者の人が全て完璧に答えていたのが印象的でした。

 

スーパー銭湯で一夜を明かす

浅草ROXのスーパー銭湯に泊まりました。 スーパー銭湯に入るのは初めてなのですが、こんな楽しい所があったのかと思うぐらい、新鮮で良かったです。銭湯と名前はついているものの、大浴場以外にも色々な設備があって、カプセルホテルみたいな感じでした。入場すると、後は中で自由に出来て、入浴したり、レストランで飲み食いしたり、テレビを見たり、漫画を読んだりと、勝手きままに時間を過ごせます。帰る時にまとめて清算をする都合上、その場では現金を使わずにサービスを受けられるので、楽しくてついついお金を使ってしまいました。仮眠室も用意されているので、眠る時はここを使います。個室では無いので、大部屋に色々な人が寝ています。鼾がうるさい人がいて閉口しましたが、それもこういう場所ならではということで、ご愛敬。

 

◇民事裁判を傍聴

霞が関の裁判所へ行きました。ここへ来るのは2度目ですが、以前は刑事裁判を傍聴したので、今度は民事裁判を傍聴しました。たまたま入った所が、広い法廷で、裁判官が3人もつく大きな事件を傍聴することになりました。弁護士も大勢いるし、証人もゾロゾロ沢山いたので、以前に傍聴したような検事vs被告人の刑事事件とは違って、チーム戦のような雰囲気がありました。何年も前から争われている事件のようでしたが、事件についての予備知識は全く無く、法廷での発言を拾っていきながら頭の中で何となくこういう事件なのだなと組み立てていくしかないので、傍聴とは言え結構体力を使いました。弁論の時間も長かったので、今回傍聴出来たのはこの1件のみでした。

 

 ◇新橋GateJでブラブラする

GateJは、新橋にある競馬の資料館のような施設です。スクリーンにレース映像が流されていたり、グッズが売っていたり、図書室で資料の閲覧が出来たりします。近くで働いているサラリーマンが休憩に来る(?)のか、平日にも関わらず意外と人が大勢入っていました。競馬好きにとっては、ここはとても居心地の良い場所です。レース映像をぼんやり眺めているのも良いし、企画展示に目を通すのも良し、資料室で書籍を読むのも良し、パソコンで今週のレースの予想を立てるのも良し。一日居ても飽きないです。最近、競馬の歴史に関心が向いてきたので、シンボリルドルフメジロラモーヌギャロップダイナマックスビューティなどが活躍していた30年ぐらい前の『優駿』を読んだりしていました。