読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

綺麗な人たち

寝ている時間が多いためか、寝違えてしまい身体が痛いです。休暇中とは言い条、あまり身体を鈍らせないようにしておかねばと反省。ここ数日これと言った予定が無かったので、来週、札幌競馬場へ行こうか思案中です。

 

国会中継の動画を観ています。衆議院のホームページにライブラリがあって、過去の中継も見られるようになっているので便利です。中でも予算委員会、これは花形と言われるだけあり、面白いです。攻める野党と受ける与党。厳しい質問を投げかけたり嫌味を言ったりする野党の議員に対して、時には毅然と、時にはのらりくらりと答弁する与党の閣僚たち。安倍晋三vs野田佳彦とか、小池百合子vs田中真紀子とか、蓮舫vs松島法務大臣などは特に見ごたえがあり、こういう激論の場では、代議士の個性が滲み出ていて面白いです。

 

日本死ね」ブログで保育の問題を取り上げた、山尾志桜里議員の質問も峻烈でした。この議員は、見た目もとても綺麗な人なのですが、頭脳明晰であり、口を開けば、聞きほれてしまうな爽やかな弁舌、若いのもあって、これぞ花形という感じがあります。こういうのは、聴いていてスカっとしますね。秋霜烈日の追及はまるで検事のようだと思いましたが、経歴を調べると、まさしく検事出身だそうです。以前、刑事裁判を傍聴しに行った時、たまたまどの事件も女性の検事ばかりだったのですが、山尾議員の言葉が、その時に見た女性検事たちと何となく似ているなと思ったのです。

 

私が唯一ライブなどを聴きに行っているALI PROJECTが、新アルバムをリリース。その名も『A級戒厳令』。先日、リリース記念のイベントをやっていたので、行ってみました。場所は池袋のニコニコ本社で、もともと行くつもりは無かったのですが、観覧が無料になったいたので、ならば行ってみようと参加しました。イベントらしく派手に着飾ってきている人も多くて、華やかで楽しかったです。30分ほどトークがあって、その後にサイン&握手会がありました。握手会というものを、生まれて初めて体験して来ましたが、どう振る舞って良いか分かりませんでした。握手はしましたが、緊張のため記憶が飛びました。プレゼントなど持ってきている人もいたようで、皆慣れているなあと思いました。

 

握手会の時にあった出来事。私は会場に来るのが遅かったので、握手会参加者の列の最後尾につけたのですが、前にはただならぬ雰囲気を放つ背の高い黒づくめの女性がおりました。いや、ひょっとしたら男性だったかもしれません。艶やかで、とても綺麗な人でした。後ろに並ぶ私に気が付くと、振り返って「アリプロの方?」と尋ねられたので(ニコニコ本社では別のイベントもやっていた)、そうですと頷くと、その黒づくめの麗人はニコリと笑い、さあと前を譲ってくれました。恐縮しながら前に並ばせてもらいましたが、暫くして振り返ると、もうその方は居ませんでした。どうやら握手会に参加しに来たファンの1人では無かったようです。その方について、一見して、薄々感じてはいたのですが、恐らくアリプロドラァグクイーンの方だったのではないかと思うのです。記憶違いでなければ、ライブで見たことがある方のはず……。ライブで遠目に見ても、おおと嘆息してしまうぐらいなものなので、近くで目にすると思わずドキドキしてしまいました。