読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転職決まる

先日、元バイト先の会社へ面談に行ってきました。予めメールで事情を伝えておいたせいか、すぐに話はまとまって、再びここでお世話になることになりました。誰かを頼ったり相談したりすることが今まで無かったものですから、顔見知りの人にメールをすること自体勇気がいることだったし、相手はどう思うのだろうかと気が気でなかったので、無事に決まってほっと一安心でした。バイトを離れてから、もう3年ぐらい経っています。思っていたより昔と変わっていなかったのが良かったです。出戻りという気恥ずかしさはありますが、どの道恥多き人生に変わりはないので、あまり気にしないことにします(気にしていたらとても持たない)。

 

これで、あとは今のプロジェクトを終えて、辞める手続きを済ませるだけになりました。今いる会社に対して、義理は感じるのだけれど、どうしても情が感じられなくて、このまま心を閉ざしたまま時間を過ごしていくよりかは、とにかく早い所出ていってしまいたい気持ちばかりでした。上司・同僚との関係は修復不能で、何とかしようとは思ってきたものの、一度こじれた関係をどう修復して良いかわからず、情けないことに今はむしろ初対面の人より話しづらいという有様です。本当ならば、苦楽を共にした、大事な仲間にもなれたはずなのになあ。自分にとっても周りにとっても良くない状態だと思っているし、あれはハラスメントに当たるのでは無いだろうかと思うこともいくつかあったので、もう潮時なのだと思っています。疲れて心に隙がある時など、ふと周りに情を感じることが無い訳ではなかったのですが、これもまあ錯覚みたいなもので、一日経てば忘れて、あれは何だったのだろうかと思うぐらいの空虚なものでした。色々な、目には見えない沢山のことが、複雑すぎて私には手が負えませんでした。今はもう、この会社とは縁がなかったということだと諦めています。

 

それにしても、今の仕事は残業も多かったし、自習にも多くの時間を捧げて生きて来たため、転職が決まるやいなや途端にやることがなくなってしまいました。喪失感が大きく、生活が変わるとはこういうことなのか……と実感しています。ついつい時間を持て余してしまうのですが、少し前向きに、新しいことでも始めてみようと思っています。最近政治に興味があるので、ちょっと勉強してみようかなと思っています。