読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は会社訪問

明日、転職希望の会社へ面談に行きます。転職とはいえ、学生時代にアルバイトで働いていた会社なので、不思議な感覚です。新卒で今の会社に入ってから3年経つから、今は顔の知らない人もいるんだろうな。

 

そもそも転職を考えた大きなきっかけが、一緒に働く人について考え始めたことでした。良い会社とか悪い会社とか関係なく、やっぱりそこにいる人との相性の問題はあるのですよね。その点あまり深く考えず、業務内容で今の会社・今の仕事を選んだので、水が合わずに不自由を感じることばかりでした。と言っても、入ってみなければ分からないことなので、こればかりは難しい問題です。

 

今回訪問する会社は、バイト時代はそれ程感じなかったのですが、今の会社に入ってから、ああ、あそこは働きやすかったんだなあと思い出すようになりました。それで、バイト時代にお世話になっていた上司の方に連絡をとり、相談させてもらうことになりました。本当にありがたいことです。思い返すと、大学の研究室なんかも嫌で嫌で仕方なかったけれど、今の会社に比べたらどれだけ良かったことか。そういう環境を活かせるだけの社交能力と知恵が自分には無かったせいで、せっかくの縁をふいにしてしまった。愚かなことでした。

 

やりたい仕事で仕事を選べたら、それに越したことは無いのですけどね。本当は自分もそうしたかった。しかし、自分のように極度に偏屈で社交性がないと、そんなことは言っていられなくなる。受け入れてくれる所、居場所を作れる所、一緒に働きやすい人たちのいる所を見つけることが一番の課題となるのです。努力論ではどうにもならないと諦めもついてきた所なので、この点は割り切って、自分の人生をより良く生きられる方向を探していきたいと思っています。