読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャーリイ・ジャクスン『ずっとお城で暮らしてる』

ずっとお城で暮らしてる (創元推理文庫) 作者: シャーリィジャクスン,Shirley Jackson,市田泉 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2007/08 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 73回 この商品を含むブログ (110件) を見る 大きな古い屋敷で暮らす、コンス…

ゴールディング『蠅の王』

蠅の王 (新潮文庫) 作者: ウィリアム・ゴールディング,William Golding,平井正穂 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1975/03/30 メディア: 文庫 購入: 37人 クリック: 711回 この商品を含むブログ (158件) を見る 無人島に流された子供たちが、島の中で社会を…

生活には笑いが必要

有給消化期間はまだまだ続いており、しばらく世の中の流れと無縁に過ごしておりましたが、気が付けば夏も終わり、9月になりました。と言っても、生活に取り立てて変化はなく、夏競馬の終わりで夏の終わりを実感するぐらいなもので、相変わらず読書三昧の日々…

森絵都『DIVE!!』

DIVE!! 作者: 森絵都 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング 発売日: 2008/06/13 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (1件) を見る ダイビングでオリンピックを目指す高校生・中学生たちの物語です。スポーツの熱い話で…

運命について

台風10号の到来で天気が荒れていたここ数日は、家で読書に耽っておりました。本を読みつつ、本から受けた刺激を受けて、内容を消化しようと物思いに沈んでいる内、まだ記憶に新しい前の会社での嫌な事を思い出してしまったり、例によって懊悩癖が出て鬱々と…

松本清張『或る「小倉日記」伝』

或る「小倉日記」伝 (新潮文庫―傑作短編集) 作者: 松本清張 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1965/06/30 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 44回 この商品を含むブログ (34件) を見る 小倉に行った時、松本清張記念館で買ってきた本です。 表題の作品の他…

綺麗な人たち

寝ている時間が多いためか、寝違えてしまい身体が痛いです。休暇中とは言い条、あまり身体を鈍らせないようにしておかねばと反省。ここ数日これと言った予定が無かったので、来週、札幌競馬場へ行こうか思案中です。 国会中継の動画を観ています。衆議院のホ…

台風の日

台風到来。前の会社に行く用事があったので、朝から出かけていったものの、道中で連絡が入り、台風だから日程を変更して欲しいと言われる。当日の1時間前にそれを言うか?と思いましたが、恐らく現時点で会社に来られない人がいるのだろうなと思い、日程変更…

何も考えずに時間を過ごしたい

有給・振休の消化期間のため、自由に過ごしています。有給を今まで一度も使っていなかったので、8月だけでは使い終わらず9月まで入ってしまい、2ヶ月くらい休みになりました。次の会社に通い始めるのは10月3日です。 しばらく時間があるので、この時間をどう…

ディック・フランシス『大穴』

大穴 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 12-2)) 作者: ディック・フランシス,菊池光 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 1976/04/20 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 34回 この商品を含むブログ (22件) を見る 元英国障害レースの騎手、ディック・フランシス…

マーガレット・マーヒー『魔法使いのチョコレート・ケーキ』

魔法使いのチョコレート・ケーキ―マーガレット・マーヒーお話集 (福音館文庫 物語) 作者: マーガレット・マーヒー,シャーリー・ヒューズ,Margaret Mahy,石井桃子 出版社/メーカー: 福音館書店 発売日: 2004/08/20 メディア: 文庫 クリック: 1回 この商品を含…

小倉遠征記 3日目

8月7日(日) 本日は、小倉遠征の目的である小倉記念の日です。 レースは午後からなので、午前中は門司へ行くことにしました。 小倉駅から数分、門司駅に着きました。今日も天気が良いです。 門司駅周辺。赤レンガの建物が立ち並びます。観光名所があるのは門…

小倉遠征記 2日目

8月6日(土) カプセルホテルで一夜を明かし、翌日はまず松本清張記念館を訪れました。松本清張は小倉の出身で、『ある「小倉日記」伝』という、この地に因んだ作品も発表したりしているそうです。 私は松本清張という作家を名前だけしか知らなかったのですが…

小倉遠征記 1日目

私は今、九州の小倉に来ています。休みを利用して全国各地の競馬場を巡ってみようと思い、まず手始めに小倉競馬場のあるこの地を訪れました。今週の日曜日、小倉競馬場では小倉記念が開催されるので、このレースを目当てにしています。 8月5日(金) 新幹線に…

刑事裁判の傍聴

裁判の傍聴というものを、体験してきました。場所は霞ヶ関・東京地方裁判所です。 ▼裁判所の公式サイト。傍聴の案内が書かれています。 裁判所|見学・傍聴案内 傍聴の手引 霞ヶ関という所には初めて行ったのですが、官庁のある土地だけあって、ものものしい…

罪の意識

先日、最終出社日を迎えました。全体への挨拶は済ませていたので、チームのメンバーひとりひとりに挨拶をして、会社を後にしました。外に出た瞬間、この会社にとって自分はもはや他人なのだなと思うと、喪失感がこみ上げてきました。 会社について、本当に色…

木地雅映子『氷の海のガレオン』

氷の海のガレオン/オルタ (ポプラ文庫ピュアフル) 作者: 木地雅映子 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2010/02 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 40回 この商品を含むブログ (17件) を見る 学校生活に溶け込むことの出来ない女の子を描いた物語です。…

情緒不安定

退職届けを出し終わり、来週の月曜日が最終出社日となりました。そんな訳で、退職までのラストスパートのつもりで毎日粛々と働いているのですが、今日は余りにも周りの私語が煩く、集中を乱されること甚だしかったので、また詰まらんことを大声で……と、モヤ…

血統と運命

会社を退職するにあたり、様々なことを考えました。生来、内省的な性格で、考え始めるとどこまでも考えてしまうので、会社のことを考えて思い悩んでいる内に、気付いたら数時間、いつの間にか経ってしまっていることも良くありました。もっと違う未来もあっ…

柚木麻子『本屋さんのダイアナ』

本屋さんのダイアナ 作者: 柚木麻子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/04/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (30件) を見る ダイアナと彩子という2人の少女が主人公の物語です。日本人離れした名前を付けられたダイアナは、キラキラネームとかD…

面談の後、思うこと

退職のことについて、部長や人事の人と面談をしてきました。職場について思う事は沢山ありましたが、話をすることで整理も出来てきました。ちょっと、思い詰め過ぎていたと自分で反省しています。行動を起こすためには決意が必要なので、長い間あれこれと考…

後は野となれ山となれ

人事部に退職願のメールを出してきました。メールには内部告発も含めて書いたので、送信ボタンを押すまでには流石に緊張しましたよ。今日こそはと思ったものの、何だかんだと出しあぐねて、限りなく優先度の低いどうでも良い仕事を片付けたりしている内、1時…

退職願を出し損ねる

先日、退職願いのメールを書いていたのですが、そんな日に限って心を揺さぶるような出来事がありました。何ということも無いのですが、最近新しく入ったチームのメンバーの人から、いつも助かっていますというお礼のメッセージを頂いたのです。その方による…

映画『さとにきたらええやん』感想

www.sato-eeyan.com 6月26日にポレポレ東中野で『さとにきたらええやん』というドキュメンタリー映画を観てきました。この映画は、大阪西成にある、居場所のないこども達のための施設「こどもの里」を取材したドキュメンタリーです。子供の貧困の勉強会に参…

徹夜明けの雑感

会社での徹夜明け、朝の通勤ラッシュの中を帰宅して来ました。こうなることは分かっていて、いつもいつも徹夜なのだから、もっと頭を使って欲しいのだけれど、現状維持が染みついてしまっていてどうにもなりません。徹夜しても能率が落ちるだけだし、事前に…

函館を想う

昨夜はなかなか眠られず、微睡んだと思う間もなく一時間ほどで目が覚めてしまい、結局そのまま会社へ行きました。ぼんやりしながら坦々と仕事をし、夜10時に退社しました。身体はもはや糸の切れたタコのようで、電車の中でウトウトするも、一応体内時計は動…

松田哲夫『中学生までに読んでおきたい哲学6 死を見つめて』

6死をみつめて (中学生までに読んでおきたい哲学) 作者: 松田哲夫,南伸坊/案内人 出版社/メーカー: あすなろ書房 発売日: 2012/04/23 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 10回 この商品を含むブログを見る 「死」についてのアンソロジーで、他人の死・自…

子どもの貧困勉強会

6月11日(土)、台東区議会・本目議員主催の、子供の貧困勉強会に参加して来ました。 ameblo.jp この勉強会のことは、アパートのポストに投函されていた広報を見て知りました。普段はこういったものに余り目を通さないのですが、ちょうどその時、子供の貧困問…

心の防衛機制について

自我(4)防衛機制 自分を守る心の仕組み | 無意識を知ろう♪極楽とんぼの精神分析学入門 防衛機制という言葉を知り、気になって調べた所、精神分析の用語らしくこちらのサイトで解説されていました。精神分析と言えば、大昔にフロイトの本を読んだ気がする…

斉藤洋『ルドルフとイッパイアッテナ』

ルドルフとイッパイアッテナ 作者: 斉藤洋,杉浦範茂 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 1987/05/20 メディア: 単行本 購入: 6人 クリック: 135回 この商品を含むブログ (94件) を見る 孤高に生きるベテランの野良猫・イッパイアッテナと、天真爛漫な野良猫見…

転職決まる

先日、元バイト先の会社へ面談に行ってきました。予めメールで事情を伝えておいたせいか、すぐに話はまとまって、再びここでお世話になることになりました。誰かを頼ったり相談したりすることが今まで無かったものですから、顔見知りの人にメールをすること…

斎藤惇夫『冒険者たち ガンバと15ひきの仲間』

冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 (岩波少年文庫044) 作者: 斎藤惇夫,薮内正幸 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2000/06/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 10人 クリック: 181回 この商品を含むブログ (67件) を見る 港町に住むガンバというネ…

明日は会社訪問

明日、転職希望の会社へ面談に行きます。転職とはいえ、学生時代にアルバイトで働いていた会社なので、不思議な感覚です。新卒で今の会社に入ってから3年経つから、今は顔の知らない人もいるんだろうな。 そもそも転職を考えた大きなきっかけが、一緒に働く…

会社の人間たちについて

会社の人たちの会話がもう、聞くに堪えないものばかりで。どうしてああ、いい年していつまでも口さが無いのでしょうね。仕事が落ち着いている時はまだマシな方で、忙しくなってくるとどんどん会話の中身が下品になってゆく。最近はまた酷くなってきました。…

色川武大『うらおもて人生録』

うらおもて人生録 (新潮文庫) 作者: 色川武大 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1987/11/30 メディア: 文庫 購入: 11人 クリック: 50回 この商品を含むブログ (87件) を見る 色川武大というのは、元博打打ちの異色の作家です。世間的には、『麻雀放浪記』を…

川上未映子『ヘヴン 』

ヘヴン (講談社文庫) 作者: 川上未映子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2012/05/15 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (30件) を見る 『ヘヴン』は中学校でのイジメを扱った作品です。主人公の「僕」は中学2年の少年で、斜視…

このブログについて

日々の出来事や考えたことなどを書き記していきます。 特にテーマはなく、何でも書きます。 もともとはブログを読むのが好きで、毎日の楽しみにしておりました。 自分から発信することはありませんでしたが、誰かから与えてもらうばかりではなく、自分から誰…